FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第21回公会計監査フォーラムの模様

お元気でしょうか。
こちらは一応(カラ)元気です・・・

以前に案内もいたしました会計検査院主催の
公会計監査フォーラム:8月29日(金)開催済
基調講演「IT監査の“いま”と“これから”」by堀江教授の
講演時のスライド資料および議事録が公開されています。

第21回 公会計監査機関意見交換会議開催報告

行きそびれたフォーラムでしたが、このように資料のみならず、
議事録まで公開していただけるのは、大変にありがたいですね。

読み込み時間にも事欠く状況ではありますが、
落ち着いたらじっくり読んでみたいと思っております。

では。
スポンサーサイト

サンプリングに関するセミナー情報

大変ご無沙汰しております。

1年間ブログ更新継続の達成感(?!)で、少し間が空いてしまいました。

いろいろ考えましたが、結論は、
これからも更新ペースは落ちるかもしれませんが、
「内部監査であそぼ」を発展継続させていく所存であります。

さて、本日は今でもJ-SOX対応で関心の高い、
サンプリングに関する耳寄り情報のお知らせです。

当ブログに検索エンジンから飛んでこられる方のキーワードでも、
サンプリングに関するものは未だに多いです。

1つ目です。
「現役会計士が教える 分かる・使えるサンプリングセミナー」
そのものずばりのサンプリングセミナーです。

2つ目です。
「CAATセミナー」
統計的サンプリング(J-SOX対応)もセミナー内容に入っています。

2つのセミナーともまだ参加者を募っているようですので、
興味のある方はどうぞ!

この1年を振り返って

年の瀬でもないのに、なに1年を振り返ってるんだって。
それは、ですね。
当ブログも丸1年無事存続(?!)を果たすことができました!

一時期スランプに陥り、継続企業の前提(?)に注記事項が付けられたことも。

大げさかもしれませんが、それでも続けてこられたのは、
当ブログにお越しくださる皆様(アクセス、拍手、コメント等)の支えが
あったればこそ。

実際にコメント等はなくても、見守って下さる方の存在を感じれた。

これは、ブログを始める前に想像していた以上の満足感を
自分に与えてくれました。本当に皆様には感謝しております。

ありがとうございます!


そして、この1年はJ-SOX対応に追われた1年といっても過言ではありません。

ほんと、おかげさまですっかり今は、J-SOX専担ですわ。
従来からの内部監査の実践から遠ざかってます。ほんまに。

J-SOXネタの時は愚痴もついつい多くなってしまうんですが、
悪いことばかりではありません。

営業等の現場の方から、「内部統制」という言葉を社内のあちらこちらで普通に
会話の中で聞くようになりました。

内部統制の意識が、少しずつ浸透し始めてきたということなのでしょう。

こうして1年単位ぐらいで振り返ると、こんな取り組みじゃぁ、会社は何にも
変わりゃしないと嘆いたものの見方が少し違って見えてきます。

1年前と比べたら、こんなルールが新たにできた。あんなルールが改訂された等々
これでも漸進してるんだなって。ちょっとずつ良くなってる。

今までこんなチェックさえ怠っていたのというだらしなさは、影を潜めて、
上司と部下、管理部門と直接部門等の間にきびきびとした緊張感らしきものの
芽生えも感じる今日この頃です。

そう思えば、少しは苦労した甲斐があったかな。
また、これからも苦労を買って出ようかな。

どうですか、全国の内部監査人の皆様。

サイバー犯罪と情報セキュリティ-法的な視点から-

この3連休珍しく(?!)風邪にやられてしまい、床に伏せておりました…
CISAの学習追い込むはずが。

いつも風邪というと、喉がまずやられ、鼻水・咳・微熱というパターンですが、
今回のは悪寒、1日中高熱、そして滅多に無い食欲減退という、
自分には極めて珍しいパターンの風邪でした。

くそっ。風邪ごときに負けているばあいじゃないんだよ。こちとら。

という訳(?!)で
ISACA東京支部10月月例会(10/29)の模様を少し。

講師は、CFEの世界でもご活躍の安富先生でありました。

お話の中で、情報セキュリティというのは国境のない世界なので、
その保護のためには国際協調が大切であり、
日本も「サイバー犯罪条約」という国際条約に批准している。

しかし、その公約を果たすための法整備が未だ途上にある。

整備中のサイバー犯罪に対処する法としては、
コンピューターウィルスを作成したりばらまいたりする行為を罰する
(刑法に条文新設追加?)等があります。

いや、勉強になりましたね。

最後に解説できませんので、情報セキュリティ保護の課題として
「・法が保護する利益として情報セキュリティを位置づけ、情報セキュリティ侵害
 としてのサイバー犯罪の取締りのため、サイバー犯罪条約の締結に伴う法制度を
 行うとともに、国際協力の強化によりサイバー犯罪の取締りを強化することが
 検討されるべきである。
・サイバー空間における権利利益の保護・救済のための基盤整備を図ることも
 課題である。」と主張されておりました。

安富先生の主張通りに課題が整備された暁には、法益を受けるために企業は
情報セキュリティを整備しなければならない、ということになるのでしょうか。

不正競争防止法上の「営業秘密」と認定されるには、秘密管理ができていなければ、
「営業秘密」と認定されず、相手を刑事上でやっつけたりできないのと同じように。

続きを読む

プロフィール

だいぶ監査人

Author:だいぶ監査人
某製造業の内部監査部門に勤務する中堅どころの内部監査人です。内部監査部門に配属となり丸3年が経ちました。これからも内部監査の仕事に夢と希望を持って携わっていきたいです。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2008年11月 | 12月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Page Selector
TOTAL Pages 1
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ユーザータグ

公認不正検査士 内部監査人 J-SOX評価体制 CIA試験 汎用監査ソフトウェア 不正のトライアングル CISA試験 連続(継続)的監査 分析的手続 専門職的実施のフレームワーク COSO-ERM CSA 重要な欠陥 不正検査士マニュアル 

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブログ内検索
アマゾン検索
お気に入り
スポンサー
グーグル検索
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。