スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内部監査の基準

今月も月刊「監査研究」7月号からピックアップです。

投稿コーナー「内部監査の本質」
5月号に引き続き、三菱商事の監査部の方の論文です。

「内部監査はCOSO-ERMの4つの経営目標(戦略・業務・報告・コンプライアンス)
を達成するために、8つの構成要素(内部環境・目標の設定・事象の識別・リスクの
評価・リスクへの対応・統制活動・情報と伝達・モニタリング)が有効に機能している
かを社内の独立した立場で点検・評価し、改善提言を行うことにより内部統制を含む
全社的リスク・マネジメントのレベルアップに資する機能であるといえる」

要は、内部監査の評価の基準にCOSO-ERMのフレームワークを使ってみては
どうかということです。

続いて、CIAフォーラム研究会報告
「内部監査人によるJ-SOX対応Q&A集」研究会No.4Bより

「Q13.J-SOXは内部監査の品質向上に役立つでしょうか?

回答例(1)実施基準を内部監査の基準として活用する

 J-SOXの評価実務を通じて、サンプリング基準、整備状況の評価と運用状況の
評価という2つの観点からの評価、監査意見の形成過程などの考え方と手順を
マスターすることができます。これらは欧米系の国際的な監査法人が行う財務諸表
監査の実務の中で確立されたもので、現在、監査のスタンダード的な考え方となって
います。」

こちらのほうは、実施基準のフレームワーク等を内部監査の基準として使用し、監査を
実施していけば、「J-SOXの評価実務は内部監査の品質向上に役立つ」ことを示唆
してくれています。

常に内部監査の実務も改善の連続(品質管理が必要)ですから、
内部監査の基準として、実施基準やCOSO-ERMを使ってみるという
ことにチャレンジしようと思えます。うん。やってみよう。

そして、この「内部監査人によるJ-SOX対応Q&A集」は、J-SOX実務にも、
もちろん大変参考になりますよ。必読です。

「監査研究」を購読されていない方も、おそらくCIAフォーラム研究会の成果物
ですので、日本内部監査協会のHP:CIAフォーラムのページにきっと掲載されると
思いますので、楽しみに待っていてください。
スポンサーサイト

tag : COSO-ERM

プロフィール

だいぶ監査人

Author:だいぶ監査人
某製造業の内部監査部門に勤務する中堅どころの内部監査人です。内部監査部門に配属となり丸3年が経ちました。これからも内部監査の仕事に夢と希望を持って携わっていきたいです。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Page Selector
TOTAL Pages 1
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ユーザータグ

公認不正検査士 内部監査人 J-SOX評価体制 CIA試験 汎用監査ソフトウェア 不正のトライアングル CISA試験 連続(継続)的監査 分析的手続 専門職的実施のフレームワーク COSO-ERM CSA 重要な欠陥 不正検査士マニュアル 

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブログ内検索
アマゾン検索
お気に入り
スポンサー
グーグル検索
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。