FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データ監査について その4

このテーマのエントリーとしては、間が空いてしまいました。

データ監査ツールとしての汎用監査ソフトウェアの代表的なものは、
ACL(既に紹介しました)とIDEAが挙げられます。(当ブログ上の定義では)

客観的に両者を比較しますと
機能性 ACL=IDEA  HPやパンフレット等の機能紹介を見ている範囲では
価格   ACL≦IDEA   若干ですが表示価格はIDEAがお安いかと(実売価格は不明)
知名度 ACL>IDEA  米国等の監査先進国の導入実績等

分析ツールの機能として、何か決定的にここが違うというものがあるのでしょうか。
ここが導入する側としては、一番重要なのですが。あまり機能的な違いがなさそうで、
今のところ分りません。すいません。

また、日本での導入実績をつかめておりませんが、ACLのほうが日本語版の
発売が早かったので、IDEAよりも実績はあるのでしょう。

比較といえるものではないですが、こんなところです。

汎用監査ソフトウェアの導入については、来期の予算検討時期はもう済んでしまって
いるでしょうから、とりあえず予算化だけはした。そこで、上長から来期までに、
具体案をということで調査指令が出ている内部監査人の方もいらっしゃるかと思います。

参考までに、両者(ACL・IDEA)の販売元HPのリンクを案内しておきます。
ACL(前回紹介済みですが)
IDEA(こんなセミナー開催してたんですね・・・)

ACLの方は、評価版でお試し体験が出来ます。
IDEAの方は、見たところなさそうです・・・
百聞は一見に如かずで、実物をさわればもっとイメージが膨らみます。
こんな(?!)ブログを見てないで、早速評価版を試してみたらいかがでしょうか。

何れにしましても、汎用監査ソフトウェアを使ってデータ監査をやっていくには、
現状日本では、この両者から、ひとつを選択していくことになるのかと。
(他にもあるよ、というのがあれば、どなたか教えて下さいね。)

次は、この汎用監査ソフトウェアを使ってどんなデータ監査をするのかを
みていきたいと思っております。(続く)
スポンサーサイト

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

tag : 汎用監査ソフトウェア

プロフィール

だいぶ監査人

Author:だいぶ監査人
某製造業の内部監査部門に勤務する中堅どころの内部監査人です。内部監査部門に配属となり丸3年が経ちました。これからも内部監査の仕事に夢と希望を持って携わっていきたいです。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Page Selector
TOTAL Pages 1
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ユーザータグ

公認不正検査士 内部監査人 J-SOX評価体制 CIA試験 汎用監査ソフトウェア 不正のトライアングル CISA試験 連続(継続)的監査 分析的手続 専門職的実施のフレームワーク COSO-ERM CSA 重要な欠陥 不正検査士マニュアル 

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブログ内検索
アマゾン検索
お気に入り
スポンサー
グーグル検索
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。